トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

お知らせ/20080606植物多様性シンポ

トップ | English

キーワード

国際シンポジウム 東アジアの植物多様性と保全 

 参加申し込み・ポスター発表要項・要旨提出期限のお知らせ

実行委員長 邑田 仁

 2008年8月2日(土)に札幌(北海道大学)で開催される国際シンポジウム「東アジアの植物多様性と保全」に参加を希望される方は、下の様式をダウンロード(RegistrationForm.doc(732)<<-クリックするとダウンロードできます)して必要事項を英語で記入の上、実行委員・山下 純

までwordプラグインは存在しません。お送り下さい。ポスター発表をご希望の方は、演題もご記入下さい。なお、メールの件名に「植物多様性シンポ」とご記入下さい。

●氏名、役職名、所属、ポスター発表の演題および講演要旨は必ずwordプラグインは存在しません。でお書き下さい。●wordプラグインは存在しません。(演者名とタイトルを含め300語程度、英語、様式自由)を山下(下記アドレス)までお送り下さい。wordプラグインは存在しません。です。締め切りが早くて誠に申し訳ありません。

●ポスターのサイズは1題あたり最大でwordプラグインは存在しません。です。全てwordプラグインは存在しません。で作成してください。●ポスター発表数に限りがありますので、お早めにお申し込み下さい。●wordプラグインは存在しません。作成要項と締め切りについてはwordプラグインは存在しません。いたします。

申込書の様式のダウンロードはこちらからRegistrationForm.doc(732)(ファイルは,ウイルスバスター2008でウイルスチェック済みです)

 このお知らせは植物分類学会のメーリングリストでも配信しております。


以下は日本植物分類学会ニュースレター No.29より転記

<国際シンポジウム 東アジアの植物多様性と保全 開催のお知らせ>

 2007年8月にソウルで開かれた相談会で,日本,韓国,中国の分類学者の連帯を深めるため,持ち回りで国際シンポジウムを開催することが決まりました。これに従い,第1回のシンポジウムを下記のように札幌で開きます。講演者は日・韓・中および近隣国の研究者に実行委員会から委嘱しますが,まだ決定しておりませんので,テーマに沿った発表が可能な方は実行委員会までご連絡ください。また,ポスター発表を公募しますのでぜひご参加ください。なお,募集の詳細は近日中に植物分類学会ホームページに掲載し,メールでも連絡します。夏期は宿が取りにくいので,早めに予約されることをおすすめします。

            記

国際シンポジウム 東アジアの植物多様性と保全日時:2008年8月2日(土)場所:札幌市北区北10条西8丁目 北海道大学理学部5号館大講堂(300名収容)主催:日本植物分類学会、(社)日本植物園協会プログラム(仮): 10:00〜12:00 口頭発表4件          【東アジア各国の植物多様性保全の現状】          13:00〜14:30 ポスター発表          14:30〜17:30 口頭発表6件          【国境を越えて分布する東アジアの絶滅危惧種(群)に関する研究】使用言語は英語です。参加費3000円を当日に集めます。

ご質問・連絡先:「国際シンポジウム 東アジアの植物多様性と保全」実行委員会 幹事 山下 純

 実行委員長 邑田 仁

※メールの件名に「植物多様性シンポ」とご記入下さい。

以上

トップ | English


このページに関するお問い合わせはホームページ担当までご連絡ください(お問い合わせ先一覧).

本ホームページに掲載の記事・写真・図表などの著作権は,日本植物分類学会に帰属します.学会の書面による許可無くしていかなる形態の転載,複写も禁止します.

Copyright (C)1999-2012 Japanese Society for Plant Systematics. All Rights Reserved.

RegistrationForm.doc junyama.gif murata.gif

最終更新時間:2011年12月07日 17時57分10秒

2011年12月07日から,通算3033753人目の閲覧者です.