トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

お知らせ/20180804国際植物分類学シンポジウム

トップ | English

キーワード

国際植物分類学シンポジウム  "East Asian Plant Diversity and Conservation 2018" のご案内

 日中韓を中心とする国際植物分類学シンポジウムを,10月末から11月はじめにかけて中国・浙江省杭州市 (Hangzhou) で開催いたします。会場はユネスコの世界文化遺産にも登録されている西湖にほど近い杭州梅竺飯店 (Hangzhou Meizhu Hotel) とし,エクスカーションは多様な植物を観察できる2つのコースから選べるようにしました。このシンポジウムを通して,中国・台湾・韓国の研究者らと親しく交わり,現在および将来の研究について胸襟を開いてディスカッションできる場になればと考えています。

 「参加・発表申込書 (Registration Form)」には,前回同様,ご自身の研究に関するアンケートがついています。前回のシンポジウムの際には,このアンケートをきっかけとして新たな研究を展開された方もいらっしゃるようです。今後の活発な国際協力体制を構築するためにも,アンケートにご協力のほどよろしくお願いいたします。

 前回まではシンポジウムのテーマを決め,主催者側から講演をお願いしていましたが,今回は口頭発表も皆様からの公募としました。このシンポジウムは,国際会議にも位置づけられるものです。特に若手の会員の方にとっては研究業績を加える良い機会にもなりますので,積極的なご参加をお待ちしています。

国際シンポジウム準備委員長 池田 博

 会場

 杭州梅竺飯店 (Hangzhou Meizhu Hotel)   杭州市西湖区梅家坞3号 (Tel: +86-571-86778688)

 日程

2018年10月30日(火)〜 11月4日(日)

  • 10月30日(火)受付
  • 10月31日(水)・11月1日(木)口頭発表・ポスター発表
  • 11月2日(金)〜 4日(日) エクスカーション

エクスカーションについて

2つのコース(西コース & 東コース)を準備しました。

  • 西コース: 杭州 − 千島湖 (Qiandaohu)(淳安(Chun'an)県)− 銭江源 (Qianjiangyuan) (開化(Kaihua)県)− 杭州

 ※典型的な亜熱帯常緑広葉樹林とそれに伴う野生植物の観察ができます。

  • 東コース: 杭州 − 靈江源 (Lingjiangyuan) 森林公園(磐安(Pan'an)県)− 華頂 (Huading) 森林公園(天台(Tiantai)県)− 国清寺 (Guoqing Temple) − 杭州

 ※森林公園内の野生植物および薬用植物の観察ができます。

 参加申込

  • 大会に関する詳しい情報(英語版)は,プログラム&情報 Information-20180806.doc(57) および登録フォーム Registration-20180806.doc(44) を参考にしてください。
  • 参加申込みは,原則として電子メールでお申し込み願います。登録フォームをダウンロードしていただき,必要事項を記入し,大会本部アドレス(eap2018(a)163.com ※(a)を@(アットマーク)に変更)宛てに,添付ファイルとしてお送り下さい。
  • 発表される方・されない方ともに,9月30日(日)が締め切りですので,遅れないようお願いいたします。また,発表される方は要旨の締め切りも同日となりますので,お間違えないよう宜しくお願いいたします。

メールの件名

メールの件名(タイトル)は,「Registration_(英語で)申込者氏名」として下さい(例:"Registration_Hiroshi_Ikeda")。

添付ファイル名

添付ファイル名も同様に,「Registration_(英語で)申込者氏名.doc」として下さい。

受付の確認

送信してから7日(土日・祝日を除く)経っても大会準備委員会から受信の返事がない場合は,メールの件名を「Resend_Registration_(英語で)申込者氏名」に変更した上で,同じメールを送信して下さい。

 申込み締め切り

大会参加・懇親会・エクスカーション申込み・発表要旨ファイル提出

2018年9月30日(日)

 大会参加費・懇親会費・エクスカーション費

日本から参加される方は,大会参加費・懇親会費・エクスカーション費(宿泊費を除く)は免除されます。すなわち,日本からの往復航空券代および現地での宿泊費のみの支払いで参加できます。航空券は各自手配をお願いします。宿泊費については,現地でお支払い願います。

宿泊について

シンポジウム会場近くの杭州梅竺飯店,およびエクスカーション中のホテルはおよそ 400 中国元/部屋/泊(日本円で約6500円)です。部屋の多くはベッドが2つありますので,2人でシェアすれば,半額(200元/泊)となります。登録申込みの際にシェアを希望するかどうか,お知らせください。

 発表の要領

本大会の公用語は英語とします。発表には英語を用いていただきますようお願いします。

口頭発表

口頭発表は,発表30分・質疑応答5分とします。発表される方は,Microsoft PowerPoint によりスライドの準備をお願いいたします。

ポスター発表

ポスターの大きさは,縦120 cm,横80 cm以内です。ポスターの貼り付けは10月31日の朝,撤収は11月1日のポスターセッション終了後にお願いします。

 発表要旨作成要領

  • 発表要旨の原稿はMS(マイクロソフト)ワード (Windows版,Mac版)を用いて作成してください。要旨本文は600語以内で記述ください。
  • 細かな体裁については,記入例Abstract-example2018.doc(42) を参考にしてください。
  • なお,図・表を入れることも可能ですが,図・表を含めて収まるようにして下さい。白黒印刷しますので,グレースケール原稿は印刷の際につぶれるおそれがあります。できる限りグレースケールは使わないようにして下さい。

 申込先

国際植物分類学シンポジウム2018 大会本部

2018 East Asian Plant Diversity and Conservation Secretariat: Xiao-Feng JIN & Qian-Qian WU

E-mail: eap2018(a)163.com  ※(a) を @(アットマーク)に変更してお送りください。

 その他

分からないこと・ご質問等ありましたら,大会本部または国際シンポジウム準備委員長までご連絡ください。

国際シンポジウム準備委員長:池田 博

〒113-0033 東京都文京区本郷 7-3-1  東京大学総合研究博物館

Tel/Fax: 03-5841-2839  E-mail: h_ikeda(a)um.u-tokyo.ac.jp  ※(a) を @(アットマーク)に変更してお送りください。

トップ | English


このページに関するお問い合わせはホームページ担当までご連絡ください(お問い合わせ先一覧).

本ホームページに掲載の記事・写真・図表などの著作権は,日本植物分類学会に帰属します.学会の書面による許可無くしていかなる形態の転載,複写も禁止します.

Copyright (C)1999-2012 Japanese Society for Plant Systematics. All Rights Reserved.

Abstract-example2018.doc Information-20180806.doc Registration-20180806.doc

最終更新時間:2018年08月04日 17時59分21秒

2011年12月07日から,通算3033753人目の閲覧者です.